インプラントの埋入本数が多くなるほど、肉体的・経済的な負担が大きくなります。全ての歯を失った方のインプラント治療は、大変な負担であり、取り外し式の装置に甘んじる場合も多々ありました。 しかし、近年はオールオン4(All-on-4)という術式によって、歯が1本も残っていないケースでも、これまでの負担を軽減したインプラント治療が受けられるようになっています。


オールオン4治療とは


オールオン4とは、自分の歯のように噛める固定性の全顎義歯です。(片顎につき)上下顎それぞれ最少4本のインプラントで、最大12本の歯が入ります。 オールオン4は、後方のインプラントを傾斜させて埋入するため長さのあるインプラントを使用します。それにより、骨との接触面が大きくなった分強い結合が獲得でき、多くの歯を支えられるようになります。


オールオン4治療のメリット


歯が一本もない方のインプラント治療は、多数のインプラントを埋入して、ブリッジをかけるのが通法です。しかし、オールオン4は埋入するインプラントが4~6本と少なく済むため、インプラント埋入本数が多いケースよりも治療が短時間で済み、メンテナンスも比較的容易です。また、オールオン4は、インプラント埋入手術の後可能であればすぐに仮歯が入れられます。


オールオン4治療の流れ


オールオン4は、全ての歯を失ってしまった方の食生活を、手術当日に改善することが出来ます。総入れ歯をお使いの方は、「咬めない」「咬むと痛い」「入れ歯が動く」「うまく話せない」といったお悩みをお持ちと思います。オールオン4によって、このような入れ歯の悩みを改善できるでしょう。

顎の中央にドリルを使用し穴を開け、オールオン4ガイドを装着させます。このガイドによりインプラントの埋入位置や角度を決定します。

ドリルを使用し、適切な深さの穴を形成していきます。傾斜角度は45度が最大で、方向指示棒を使って正しい角度であるかを確認します。

骨の密度に応じてインプラントを埋入します。人工歯根と人工歯をつなぐしん棒(アバットメント)を装着します。斜めに埋入しているので、専用の角度付の物をつけます。

前歯の部分2ヵ所に穴を形成し、インプラント埋入後にしん棒(アバットメント)を装着します。

当日には補綴物をスクリューで固定します。著しく骨の状態が悪い場合は、即日に咬めないこともありますが、大体のケースでは、その後すぐに食事が可能です。