1998年から今日まで数多くのインプラント治療を行なってきました。
公益社団法人 日本口腔インプラント学会 認定専門医である現在も、最新の理論、安全、安心で確かな術式に基づいたインプラント治療を日々続けております。
口腔インプラント学会

インプラントとは

インプラントとは、歯のなくなった部分の骨に人工歯根を埋め込み、歯を再製する治療法。
入れ歯の不快感や、健康な歯を削ったり負担をかけるという不利益がない画期的な治療法で、ご自身の歯のように快適に、そして美しく歯を再製することができます。

アストラテック®    アストラ、フィ�

インプラントは、適切に応用されるならば、生活の質(QOL)の改善と、その維持を図ることのできる素晴らしいものであります。しかし人工材料を、生体組織である骨に埋入し、それを体外と交通させる環境下で機能させていくこの治療法において、永久的な保証は望み得ません。
丁寧なアフターケアとメンテナンスが必要であることをご理解下さい。

私どもの取り組み

  • CTスキャンを使用した精密な診査・診断
  • コンピューター解析ソフトによる治療計画、手術計画の立案
  • (公社)日本口腔インプラント学会 認定専門医による安全、安心、快適な診療
  • 専用の手術システムの使用、器材、器具の徹底的な滅菌体制
  • 積極的な学会参加など、世界基準を意識した診療レベルの維持
  • 定期的な研修会によるスタッフの研鑽

1本の場合

インプラントにセラミック冠をかぶせて、機能的、審美的に回復。

多数の場合

数本のインプラントを用いて、ブリッジや冠を装着し、機能的、審美的に回復。

インプラント治療(多数の場合)

すべての歯の場合

複数本のインプラントを用い、取り外さないブリッジを装着。(ボーンアンカードブリッジ)

2本以上のインプラントを埋入し、マグネットやアタッチメントで取り外し可能な入れ歯を装着。
通常の入れ歯と異なり、ずれたりはずれたりする心配がなく、咬む力も強くかけられます。

インプラント治療(すべての歯の場合)

ブリッジ・入れ歯とインプラントとの比較

ブリッジ 入れ歯 インプラント
ブリッジ 入れ歯 インプラント
メリット
  • 違和感があまり無い
  • 隣りの健康な歯を削らない
  • 違和感なく噛めて食感がよい
  • 両隣りの歯を削らない
  • 両隣りの歯に負担がない
  • 取り外しの必要がない
  • 衛生的
デメリット
  • 両隣りの健康な歯を削らなければならない
  • 支えとなる両隣りの歯に大きな負担がかかるため、将来それらの歯にダメージを与える
  • ブリッジの下部と歯肉の間に歯垢がたまり不衛生
  • 空気が漏れてクリアな発音が困難になる
  • 隣りの歯への負担が大きい
  • よく噛めない
  • 頻繁に取り外し、手入れする必要がある
  • すぐにガタつきやすい
  • 違和感が強い
  • 歯垢がたまりやすく、異臭が発生するなど不衛生
  • 骨がやせる
  • 手術が必要
  • 維持するために、定期的なメンテナンスが必要
治療コスト
  • 使用する材料の種類により、保険適用が可能
  • 使用する材料の種類により、保険適用が可能
  • 手術が必要
  • 保険適用外

インプラント治療の流れ

STEP 1/まずはお話から。

治療プランのご説明

どのようなご希望があるのか、どのような経緯で現在に至ったか、どのような点がご不明なのか等を詳しくお聞かせ下さい。
その後、治療についての概略をご説明いたします。
これをご理解、ご納得された後に具体的な検査に移ります。

STEP 2/一般的な検査

パントモ

精査の後、一般的な歯科用パノラマX線写真を撮影。
この後、検査結果に基づいた治療の可否、計画、期間、費用等をご説明いたします。

STEP 3/精密検査

精密検査試験管

精密検査を行います。
デジタルカメラ写真及びCTスキャンの撮影、かみ合わせの検査、歯周病の検査、歯型模型製作用の型取り、全身状態の検査、必要時には血液検査等を行います。

STEP 4/治療プランのご説明

治療プランのご説明

最終的な治療プランを立案し、ご説明いたします。
治療方針及び費用のお見積りに対し、同意された後に、治療開始となります。

STEP 5/最適な口腔内環境の構築

治療プランのご説明  無影灯

インプラント治療を成功させる為、障害となる感染源を可能な限り減らします。具体的には、未処置むし歯の処置、歯周炎のコントロール、口腔内クリーニング等です。

STEP 6/インプラント埋入手術

インプラント器具 グローブ 01e1b7219796393d97ee9150d6473106

徹底した滅菌管理体制、生体管理モニター監視下において、インプラント手術を行います。

インプラント手術の流れ

STEP 7/アバットメント及び仮歯の装着

 アバットメント

約2ヶ月~3ヶ月後、インプラントと骨が結合するのを待ち、インプラントの先端部分にチタン製のパーツをセットします。また、その後仮歯を装着します。

STEP 8/セラミッククラウンの装着

型採り後、セラミックのクラウンを製作してセットし、ひとまずインプラント治療は終了です。
1

case_implant01

STEP 9/メンテナンス

インプラントは定期的なメンテンナンスにより、長期間の維持が可能になります。

                                                                           case_implant001-1

インプラントの選択

あなたに使用されるインプラントはどこのメーカーですか?

あすとーら%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%81%ae98jpg

体内に埋め込み、数十年お口の中で機能させるインプラント
値段で選んで大丈夫ですか?

将来も安心できますか?

現在、インプラントメーカーは世界中に約300社以上と言われています。

これまで多くのインプラントが商品化され、また次々に消えていきました。
あなたのインプラントに、もし不具合が生じたらどうしますか。

当院では、長期的に最も信頼のできるアストラテックインプラントを選択しております。

その理由として、アストラテックインプラントは、1990年代から今日に至るまで、基本的な形態に大きな変化がなく、完成度の高いシステムであること。世界的に多数の症例数があり、長年にわたる研究報告・論文報告も多数なされており、全世界で信用されたシステムと考えているからです。さらに長期的にインプラント周囲の骨吸収が少ないというのも特徴です。

>>アストラテックインプラントシステムについて

金属アレルギーとインプラント

インプラントには、純度99.99%以上の純チタンという金属が用いられています。
チタンは、大気中では酸化チタンの被膜に覆われるために、金属イオンが溶出しません。これが、チタンがアレルギーをおこしにくい理由です。

インプラント料金

◯インプラント
1本 330,000
手術前の口腔内クリーニング、埋入手術、ジルコニアセラミック冠の装着、及びそれらに伴う技術料が含まれています。

◯骨増生手術
インプラントを埋入するのに必要な骨が不足している場合、骨を新しく作る必要があります。
骨増生手術 60,000〜120,000

◯上顎洞底挙上術
上顎骨の不足により口腔と上顎洞が近接している場合、上顎洞に新たに骨を作る必要があります。上顎洞底挙上術 60,000〜120,000ソケットリフト cas SCAキッド

◯インプラント セカンドオピニオン
10,000
医療面談、口腔内診査、X線画像診断料
はてな