睡眠時無呼吸症候群

「睡眠時無呼吸症候群」および「いびき」でお悩みの方へ
昨今、メディアによる睡眠時無呼吸症候群に関する報道も多く、睡眠時無呼吸症候群に関する認識も急速に広まっています。

睡眠時無呼吸症候群とは

眠っているあいだに呼吸が止まる病気で、医学的には、10秒以上の気流の停止(気道の空気が止まった状態)を無呼吸と言います。この無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群です。

睡眠は日中活動した脳と身体を休めるために重要ですが、その間に呼吸停止が繰り返されることで、体内の酸素が減っていきます。そうすると、酸素不足を補おうと身体は心拍数を上げます。この間、脳も身体も断続的に覚醒状態となる為しっかりと休むことができません。その結果、強い眠気や倦怠感、集中力の低下等がおこります。

睡眠時無呼吸症候群の病態
睡眠時無呼吸症候群の病態
睡眠中に筋弛緩がおこり、上気道の空気の通り道が狭くなり呼吸が止まってしまう状況。

原因は:① 肥満 ②下あごが小さい ③扁桃の肥大  ④鼻閉等が挙げられます。

睡眠時無呼吸症候群に見られる症状

1) 大きな〝いびき″
2) 日中の極度な眠気
3) 睡眠時の多動や起床時の頭痛
4) 夜間頻尿
5) 性機能低下

合併症や危険性

睡眠時無呼吸症候群の患者は正常な人と比較して、高血圧が2倍、脳梗塞は4倍、糖尿病は4倍、うつ病は3倍発症すると言われています。また、日中の眠気による交通事故は7倍と言われており、放置すると大変危険な病気です。

治療法

現時点では呼吸器科や耳鼻咽喉科での検査後、睡眠時に「CPAP」(経鼻的持続陽圧呼吸装置)を使用する治療が一般的です。
睡眠時にCPAPを使用

しかし「CPAP」は、①騒音による不眠 ②不快感 ③目、口、喉の渇きとそれによる不眠 ④鼻出血等が原因となり、治療を止めてしまうことが多数あるのが事実です。

しかしながら、昨今では呼吸器科や耳鼻咽喉科での検査後に口腔内装置による治療ができるようになり、中軽度の患者さんにはより快適な睡眠を得ることができるようになりました。

口腔内装置はどう機能する?

睡眠時無呼吸症の治療において、口腔内装置は持続陽圧呼吸法 (CPAP)に次ぐ治療とされており、特に軽度から中等度の患者さんの第一選択になります。

下顎前方移動
口腔内装置を装着し、下顎を前に出すことで、睡眠中の気道の閉塞を防止する治療方法。

睡眠時の上気道を撮影したCT画像
睡眠時無呼吸症候群患者の睡眠時の上気道を撮影したCT画像。左の画像は、口腔内装置を装着していない画像、右が装着している画像。左の画像では、舌根部の沈下で上気道の閉鎖が起きていますが、右の画像では口腔内装置により下顎が前方移動していることにより、舌根部も引き上げられ上気道が十分に確保されています。

しかし従来の保険適用の口腔内装置は、上下顎の位置を固定したものであるゆえ、いわゆる「口枷」のようなものでした。
お口の拘束感、圧迫感とそれによる不快感、唾液が飲み込めない、溢れてくる等を原因とする睡眠障害が発生し長期間の使用には耐えられるものではありませんでした。
睡眠時無呼吸症候群の治療では、装置およびその使用に慣れ、継続して使用することが治療の成功を左右するキーポイントとなります。
欧米においては、拘束感が弱く再設定も簡便にできる上下分離型口腔内装置が標準であり、
米国睡眠医学会においては「下顎位置が調整できる装置を使用しなければならない」と明確に規定されています。

上下分離型口腔内装置「ソムノデント®」を採用し認定医療機関

当院では、欧米において30,000症例以上使用されている上下分離型口腔内装置「ソムノデント®」を採用し認定医療機関となっております。
https://somnomed.com/ja/
ソムノデント® イメージ画像1ソムノデント® イメージ画像2

上下完全分離型口腔内装置

上下が完全に分離するタイプの口腔内装置。
上下が完全に分離すると、装着中に口を開いたり、会話をしたり、水を飲むこと、咳やあくびも自由にできます。また装着時の拘束感を軽減できます。
内側にはストレスを吸収する柔らかい樹脂を使用しているので、着脱も容易に行えます。

装着感を向上するための二層構造設計
いた顎位置の微調整が可能

装置は手のひらに乗るコンパクトで軽量です。
ご家庭だけでなく、出張や旅行にも手軽に持ち運びができます。

品質管理と品質保証

口腔内装置は、患者さんおひとりお一人に合わせてお作りし、個別のシリアルナンバーで品質を管理します。
使用されている材料はすべて国内で許可された医療機器により製造されています。装置は製造メーカーの保証規定により、装着後30カ月保証(※)されています。
※紛失や誤った取り扱いによる破損や変形は含まれません。

睡眠時無呼吸症候群 口腔内装置(ソムノデント®)¥150,000

パートナーのいびきを「ただのいびき」と済ますのではなく、口腔内装置でいびきを改善し、睡眠不足の解消・合併症の予防をしましょう。

いびきを止めることによって、快適な眠りにつけるようになります。
大切なパートナーと笑顔で過ごすためにも、いびきが気になる方は一度ご相談下さい。